海上自衛隊 艦船プラモデル

プラモデル通販ならJANBOOで!
大型プラモデルなら自宅で待っていてください!

海上自衛隊 艦船プラモデル

海上自衛隊 艦船プラモデル

 

海上自衛隊のイージス艦や護衛艦や空母などのプラモデルのご紹介です。現用で活躍している 艦船がプラモデルで再現されています。

 

海上自衛隊 イージス護衛艦

 


海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-177 あたご

 

本艦はこんごう型とは異なり、イージス艦と しては初めてヘリコプター SH-60Kを搭載運 用することができるようになりました。 マストはこれまでの護衛艦においては一 般的であったラティスマストから平面構成 マストに変更され、主砲もMk45Mod4 62口径 5インチ砲になるなど、大きな変容を遂げて います。

 

海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-173 こんごう
「DDG-173 こんごう」は中期防の昭和63年度計画で建造されたこんごう型護衛艦のネームシップで、1993年に海自初のイージス艦として就役。2007年にはミサイル防衛能力付与のための改修を受け、ハワイでの迎撃実験(JFTM-1)で、高度100キロ以上の大気圏外を飛行する標的ミサイル1発の迎撃に成功しました。

 


 

海上自衛隊 護衛艦 DDG-178 あしがら
あしがらは、あたご型護衛艦の2番艦として建造された護衛艦で、2008年3月に就工したイージス護衛艦です。あたご型護衛艦は、SH-60K哨戒ヘリコプターを搭載運用するために後部構造物を拡大してヘリ格納庫を設置。それに伴い艦橋構造物も一部改正されています。マストはこれまでの護衛艦においては一般的であったラティスマストから平面構成の塔型マストに変更され、主砲もMk.45Mod4 62口径5インチ砲になるなど、大きな変容を遂げています。


海上自衛隊 護衛艦


海上自衛隊 護衛艦 DD-106 いかづち
DD-107 いかづちは、むらさめ型護衛艦の7番艦として2001年3月に竣工しました。インド洋やソマリア沖などの海外派遣にも参加し、現在は第1護衛隊群第1護衛隊(横須賀)に配属され活躍しています。

 

海上自衛隊 護衛艦 DD-110 たかなみ
たかなみ型護衛艦は前級むらさめ型の改良型として建造された第4世代の汎用護衛艦で、高い能力を誇るとともに海上自衛隊の主力艦艇として活躍しています。DD-110 たかなみは2003年に就役した本級のネームシップで、現在は横須賀を母港として活動。インド洋やソマリア沖などの海外派遣にも従事しました。


 

海上自衛隊護衛艦 DD-101 むらさめ
DD-101 むらさめは、1996年に竣工した第3世代の汎用護衛艦で、現在の護衛艦の主力の一角を担っています。ステルス性を考慮した本艦は傾斜のついた平面で構成され、前級のあさぎり型に比べ1,000t以上大型化された船体、刷新された戦闘システムと合わせて新世代の護衛艦として活躍しています。


海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦


海上自衛隊ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが

 

ひゅうがは、海上自衛隊の護衛艦でひゅうが 型護衛艦の1番艦。 艦名は令制国の日向国 に由来している。海上自衛隊最大・最新の 護衛艦で、 全通甲板を持った空母のような シルエットと最大10機以上のヘリを搭載出 来る 能力を有しています。

 

海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いせ
ひゅうが型護衛艦の2番艦で、ひゅうが同様、多くのヘリコプターを搭載できる能力を有しています。


海上自衛隊 潜水艦


海上自衛隊 潜水艦 SS-503 はくりゅう

 

「はくりゅう」はそうりゅう型潜水艦の3番艦で、スターリング機関によるAIP推進や外見上の特徴ともなっているX舵など多くの新機軸を導入。通常動力型潜水艦としては、世界屈指の性能を有しています。

 

海上自衛隊 潜水艦 SS-573 ゆうしお
1971年に登場した「うずしお型」は日本初の涙滴型潜水艦として注目を集めましたが、年々進歩を続ける潜水艦技術によって各種機器が増大し、「うずしお型」の船体では収容が困難になった為、これを大型化した新型潜水艦「ゆうしお型」の建造が1976年から始まりました。マスカー装置の装備により「うずしお型」で問題になっていた騒音が低減され、また、海自初のデジタル式パッシブソナーZQQ-4によって音響収集能力も向上しています。1996年以降「ゆうしお型」は徐々に退役しましたが、7番艦の「あきしお」の船体は呉において屋外展示されています。


 

海上自衛隊 潜水艦 SS-590 おやしお
おやしお型潜水艦は、平成5〜15年度計画で11隻建造された主力潜水艦です。従来の涙滴型船体から葉巻型を採用し、船体構造も完全複殻式から部分単殻式へと変更されました。前級のはるしお型に比べ、潜航深度の増大、航続力の増加、情報処理能力の向上が図られていると同時に、高度な自動化が進められたことが特徴です。信号処理や制御、表示等に関して一元化がなされた統合型ソナーシステムが搭載され、複数の目標に対する優れた識別能力及び自動追尾、対妨害排除能力を持つ一方で、無反響タイルを主要部分に装着することや、7枚翼のスキュードプロペラでを採用して静粛化を図ったことにより、被探知を避ける能力も格段に向上しています。 ・おやしおは、おやしお型潜水艦の1番艦でネームシップです。1998年3月16日に就役し、第2潜水隊群第2潜水隊に配属さました。 ・キットではパーツの接合部が極力目立たない分割を採用。パーツ数もできるだけ抑え、組み立て易さを追求しました。また、無反響タイルも可能な限り繊細に表現しています。


 

海上自衛隊 潜水艦 SS-501 そうりゅう
平成16年度計画により平成21年3月に竣工したSS501「そうりゅう」はディーゼル機関に加えてスターリング機関を採用したことで海上自衛隊初のAIP(非大気依存推進)潜水艦となりました。またこれも海自初採用となるX舵や、セイル基部の流線形化により外観的にも従来の海自潜水艦とは一線を画すものとなっています。


海上自衛隊 掃海艇


海上自衛隊 MSC-681 掃海艇 すがしま

 

「すがしま」型は平成11年から19年の間に12隻が建造された木造掃海艇です。機雷戦用の装備は新たに外国製のシステムが採用されました。また、外観上では海自掃海艇としては唯一の並列配置の2本煙突となったのが特徴です。

 

海上自衛隊プラモデルはこちら!

1/350〜1/450 海上自衛隊 プラモデル

海上自衛隊のイージス艦 プラモデルもラインナップが充実してきました。
そのほか、海上自衛隊の護衛艦も大型スケールで発売されていますので、是非コレクションしてみてください!
⇒詳しくはこちらへ

プラモデル特集ページ

これから、エアーブラシをやってみたいなら!

エアーブラシをやってみたい!そんなお問い合わせを数多く頂戴しております。

 


1/6スケール 大型バイク

スポット生産で1/6スケールが充実してきましたが!皆さん知ってますか?

 


エッチングパーツ

エッチングパーツのすすめ!

究極のプラモデルを 是非作ってみてください。

 


1/6 ハーレーダビッドソン FAT boy LO
2010年の登場以来、ベストセラーの1台となっているのがFLSTFBファットボーイ ローです。

 


1/350 戦艦 金剛のプラモデルで作り比べ!
作り比べをするのもプラモデルの醍醐味です!

 


駆逐艦 模型特集
デストロイヤーの魅力を特集でご紹介!

 


日本軍 戦闘機特集
太平洋戦争で活躍した戦闘機を特集!

 


F1 模型特集
往年のF1ファンにはたまらないプラモデルです!

 


プラモデル 潜水艦特集
潜水艦と聞いて何を思い出しますか?